ウキウキ生活

気になる話題を取り上げます。

「アベノマスク」が届かないので問合せを行ったら、何と当日の夕方に届いた!

菅官房長官が政府の布マスク(通称:アベノマスク)の配布を6月15日に完了したと発表。
ところが、我が家にも近くにも未だ届いていない。
しかし、同じ市内でも知人宅には何日も届いたとのこと。 一体、どうなっているのか? そこで、6月16日に問合せを行った。
すると何と、当日の夕方に届いた。

「アベノマスク」の問合せ

厚生労働省のHPに「布マスクの全戸配布に関するQ&A」ページがある。 「布マスクの全戸配布に関するQ&A」

布マスクの全戸配布に関する電話相談窓口

【電話番号】
0120-551-299
(9~18時:土日・祝日も実施)

問題は、電話でしか問い合わせが出来ない点。
電話は中々繋がらないことが多い。
ネットでも問い合わせのフォームを掲載すべきだ。

実際、私は2回目の電話でつながった。 ※1回目は9:58、2回目は11:51

 

「アベノマスク」はいつ届く?

オペレーターの話では、地元の郵便局には6月12日には布マスクが届けられているそうだ。
後は、郵便局の配達状況によるわけだが、6月16日に配達されていないということは望みが薄い。
まして、同じ市内で何日も配達日が異なるのも解せない。

「アベノマスク」は何故届かない?

同じ市内にも関わらず、何故、「アベノマスク」が届かないのか?
理由は不明だが、結論的には「未配達」。
この場合、改めて、配達を申請する必要がある。

申請方法

「アベノマスク」の配達の申請の基本はWEB。
しかも、本人の住所に限る。
ただし、電話も可。
また、「実家の母親は高齢で耳が遠い」といった事情を話すと母親の分も申込を受けてくれた。

布製マスク配布 申込みサイト

WEBの布製マスク配布 申込みサイトは以下。
布製マスク配布 申込みサイト

「アベノマスク」の枚数

元々、「アベノマスク」の配布は1住所に2枚だが、申込の場合、人数分になる。
同居の人数が3人だと3枚、1人なら1枚。
尚、前述のページには「追加配布」についての記述もある。
例えば3人家族の場合、2枚配布だと1枚の不足。
この不足分の1枚を追加で配布希望できる。
前述の「布製マスク配布 申込みサイト」から出来る。

配達はいつ?

配達は受付日の1~2週間後の発送で、その後2~3日で届く。

「アベノマスク」が届いた

問合せの電話をする前にポストを確認したが、「アベノマスク」は配達されていなかった。 それで、問合せを行なった。 ところが、夕方、ポストを確認すると、何と「アベノマスク」が配達されていた。

 


二重に届いたマスクは返品するのか?

我が家は3人家族。
2枚+追加の3枚の合計5枚が届くことになるが、追加のマスクは返品する必要ない。
最も、追加で3枚申請したが、実際は4枚必要であった。
結局、必要枚数4枚に対して5枚届くことになる。
いずれにしても、追加分は1~2週間+2~3日。
大分先である。

「アベノマスク」の大きさ

「アベノマスク」について当初から「小さい」という指摘があった。
ただし、顔の大きさにもよるので、本当に「小さい」かは不明だった。
しかし、実際に届いた「アベノマスク」は小さかった。
一般的な使い捨てマスクの「小さいサイズ」と同じ。
何故、「ふつうサイズ」ではなく「小さいサイズ」なのだろうか?

近くの実家にも「アベノマスク」が届いたが、あまりにマスクが小さいので、母親はがっかりしていた。